旧のスタッフ


片岡奈帆子(かたおか なほこ)

1975年生まれ。大阪育ち。
広島大学大学院美術教育修士課程修了
小〜高校教諭を経て「アトリエ虹色の指」として活動。
造形や音楽を通して心の居場所づくりを目指している。


≪メッセージ≫ 
宝ものは子どもの笑顔。 「どきどきワクワク」そこにはきっと生まれてきた意味が隠されています。
子どもたちの宝ものを探すお手伝いができたらと願っています。






亀谷 梓 (かめや あずさ)

琉球大学と同大学院で言語学と美術を学んだ。2011年12月よりオルタナティブスクールに携わる。2012年3月、初の作品展「大/小展」を行った。言葉に興味があるので、言葉に関係するコンセプチュアルな作品を多く制作している。




Elisabeth Karacsonyi((エリザベート・カラチョニー)

1980年 生まれ 
オーストリア Graz大学 教育学修士課程 卒業 
フランス、ネパール滞在後、2008年3月に日本に来る。 
来日後は、東京のインターナショナルスクールで、英語教師として活動する他、 博物館で森と温暖化についての講習会も開催。 


≪メッセージ≫   
子供たちの手に、世界をプレゼントしたいです!



山里 加奈子 (やまさと かなこ)
  
1977年、福島県出身。
大学卒業後、沖縄は座間味島に移住。
島での生活の中で、
浜辺の漂着物に興味を持ち、以来、
『かわいいもの、生活に活かせるもの』
を基準に拾いものを始める。


拾いものがたまり始めた頃、
那覇でビーチグラスを使った作品を作っている方と知り合い、
そこから影響され、拾いためたもので作品を作り始める。

現在、那覇市泊にあるビーチグラス作品工房
『楽しいギャラリー開店コトリ』にて
自身の作品作りを続けている。


2009年10月〜2009年12月までOASのスタッフでした
Comments