みなで作っていく学校

そもそも、この「学校を作ろう」という動きは、誰か始めた人がいるわけではありません。

現在、不登校といわれる子達を抱える親と、
現在の教育のあり方に疑問を持つ人たちの間で、
ある種の必然として、自然に始まりました。


「今、目の前にいる子供たちに、私たち大人がきちんと向かい合わなければならない。」

そのような想いから、スタートした活動です。


ただ理想を語っても、現状に不満を漏らしていても、いま当事者でいる子供たちに何も出来ないのなら、それは私たち大人の怠慢なのでしょう。


次の社会を築いていく子供たちに、そしてその教育に、真剣に向かい合うことが、様々な問題を抱えるこの社会を変革する、一歩になると思います。


そのための具体的な活動として、私たちは。
公立の学校ではない、「もう一つの選択肢」としての学校設立を目指します。
Comments