OASのカリキュラム

2012年3月までおきなわオルタナティブスクールで行ったカリキュラム


午前中の「授業時間」は、は毎日のリズムある学びの環境があります。 
この時間は、子どもたちの知性が成長にあわせて成熟し、行動力や意志と結びついて花開いていくことが出来るよう、感情面の成長に特に注意を払いながらすすめていきます。
全ての科目が、芸術的な要素とリズムを伴って、イキイキとこどもたちに伝わるような、学びの時間を目指しています。

午後の「プロジェクト時間」では、自然やまちという多様性を持ったフィールドで、体験を通しながら、学ぶ環境があります。
さまざまな分野で活躍する大人やそのフィールドである社会、そして多様な自然にじかに触れ、生まれ育つこの地元を感じ、体験することをベースとしながら展開されていく、学びの場を目指します。



年間2〜3回程度学校の発表会または展示会

展示会や発表会は、子どもたちが自らの創造力を発揮する、絶好の機会になります。また、長期的な視点で何かに取り組むということは、子どもたちの意志力を伸ばし、子どもたち自身が助け合い、支えあうことを学ぶ機会にもなります。

沖縄オルタナティブスクールの「みんなの展示会 in 栄町市場」をビーチグラスのテーマで2009年12月に行いました。第二展示会発表会として「Woolとてしごと展」2010年3月に行いました。



OASの「カリキュラム図」